解体工事について

木造解体

不用になった建物を壊し、土地を有効に活用するために必要なのが解体工事です。古くなった住居を建て替えもまずは解体工事を行う必要があります。(有)綿貫工業では多くの木造家屋の解体実績を持っているので、たくさんの経験をもとに環境への配慮には自信があります。また解体した建材の中には、まだ再利用できるものや処分の手続きが必要なものも沢山あります。当社ではしっかりとした分別で環境にやさしい解体工事を心がけています。
また、解体工事はその性質上、周辺からのクレームが非常に多いです。騒音対策を取られていない家庭にはご迷惑をおかけしてしまいます。
事前にご近所の方へご挨拶をさせていただくことはもちろん、細心の注意を払い安全・安心な工事を行ってまいります。

鉄骨造解体工事

Demolition skyscraper.

内部造作を先に行い撤去し、装着した重機で解体を進めていきます。鉄骨造解体工事では「吹付アスベスト」や「石綿含有産業廃棄物」の状態を常に考えることが大切です。構造材に吹付アスベストが吹き付けられてないか、外壁材や屋根材に波スレートが使用されてないなどを現地調査の時点で見落としが内容しっかりと確認をしていきます。
もし使用されている時は関係法令等にしたがって、適正に解体処分します。また構造が堅固であるため解体作業は振動、騒音が発生しやすいので近隣のみなさまの安心と安全を常に考えて解体工事を行っています。そのためには施工計画の時点で高度な技術が要求されます。(有)綿貫工業では鉄骨の組み立て等の作業責任者を配置して安全な解体手順を踏んで行っていくことを約束します。

鉄筋コンクリート造解体工事

ビルやマンションなど公共の建物には多い構造です。ただ、近年では一般家庭でも鉄筋コンクリート造を使う事が多くなってきています。鉄筋コンクリート造の建物は大型の重機を使用し、地域や場所によっては重機を建物の屋上へ吊り上げて解体工事を行う場合があります。
木造や鉄鋼造の場合は材料や構造形式がわかりやすく単純なため、解体に使用する器具や機械の種類は少ないですが、鉄筋コンクリート造の場合コンクリートはとても剛強で鉄筋と複合されているので解体するのは一苦労です。
解体工事においては、進入路や周辺環境の問題、諸費用等の色々な部分を相談に応じながら丁寧な施工を行っていきます。
また、将来の使用目的に合わせた部分解体なども承っているのでご相談ください。

内装解体工事

Demolition skyscraper.

内装解体工事をしてスケルトンにし、建物の原状回復を行います。テナントや店舗・オフィスなどの室内の内装解体工事をお考えの方は(有)綿貫工業にお任せください。
お客様のスケジュールに合わせ迅速に丁寧に作業を行ってまいります。
当社では作業を行う際、近隣に迷惑や妨げにならないよう小型の機械などを使い、騒音がでないよう注意を払っております。
内装解体工事で、最も多いトラブルは共用部分の損傷です。当社では、共用部分の損傷というトラブルを未然に防ぐために、養生での保護は欠かしません。
解体工事の際に出る材料の処理まで当社にて行ってまいりますのでご安心してご依頼いただけます。
内装の解体工事をお考えの方は是非一度(有)綿貫工業までお問い合わせください。

家庭粗大ごみ回収

ソファーやベッドなどの家具、テレビや洗濯機などの家電を処分するときどこに依頼していいのか分からないなんてことはありませんか?そんな時は是非(有)綿貫工業にご相談ください!
ご家庭で使わなくなった粗大ゴミなどの回収をいたします。大量のゴミの後片付けや、小さい電気製品などお客様のニーズに合わせ様々な不用品回収を行います。
例えば、家電類(パソコンやテレビ)・日用品(バイクや布団などの衣類)・家具類(机やテーブル)などの処分にお困りの方、小さい粗大ゴミから大きい粗大ゴミの処分に関してのご相談はお気軽にご連絡下さい。

  • facebook